メンバー

教授 田宮 菜奈子

所属 医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事 医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員
専門分野 公衆衛生
最近の研究テーマ ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介護・福祉サービスの質の評価、医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイルドヘルスサービスリサーチ、PDCA
抱負など  私の研究の原点は、訪問診療や介護施設勤務など地域の臨床経験を通じ、病院・地域の連携不足など、医療をサービスとして評価する必要性を痛感したことにあります。その後、博士論文として往診医師の重要性と住宅改修の効果(いずれも日公衛生誌1990)を示し、また、ハーバード公衆衛生大学院でヘルスサービスリサーチ(以下、HSR)という概念に出会い、我が国初のHSR分野を開講するなど、一貫して、①介護保険制度評価、②かかりつけ医師推進、③介護家族の実態、④在宅・施設ケアの評価、⑤法医公衆衛生学を研究の柱としてきました。
 主である①では、サービス利用規定要因としての家族の重要性(IJQHC)、地域リハビリテーションに戸別送迎が必須であること(IJQHC, BMC Geriatrics)、ショートスステイ利用と本人の介護度悪化の関係(BMC Geriatrics)、さらにはランセット日本特集で、介護保険を世界に紹介しつつ、全国データ分析により高所得層の介護者にのみ効果が高いことを示しました(Lancet)。さらに、介護保険支出の最大要因は施設ケアの高介護度者であること(BMC HSR)、訪問看護利用の抑制要因(BMC Geriatrics)等を示しました。②では、在宅総合診療所の推進要因を医師会と共同研究で示し(プライマリーケア学会誌)、また、医師の意見書分析から、かかりつけ医師の重要性を示す研究、またプライマリーケア医師の国際比較などを進めています。③では、嫁の介護で生存時間が短いこと(BMC Geriatrics)など、④では、在宅生活継続への訪問看護の有効性(GGI), 施設看取りでの医師の役割(Health Policy)や、施設ケアにおけるアウトカム評価(GGI)等を示しました。⑤では、法医学データにより孤独死対策への基礎データを示しました(BMJ open)。 
 研究室の仲間とともに、「生活と調和した医療のために」をモットーに、ヘルスサービスリサーチを通して、質の高い各種サービスを必要な人にきちんと届けられるようなしくみづくりに貢献していきたいと考えています。

経歴

1986年 筑波大学医学専門学群 卒業 7回生
1990年 東京大学大学院医学研究科博士課程社会医学専攻 修了  医学博士
1991年 筑波大学社会医学系 助手
1992年 帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 助手
1993-1994年 第1回帝京-ハーバードフェローとして、米国ハーバード大学公衆衛生学部修士課程(Health Service Research専攻)
Master of Science
1997年 南大和老人保健施設 副施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
1999年 同 施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
2000年 帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師
2003年 筑波大学社会医学系 教授
2004年 筑波大学人間総合科学研究科・ヒューマンケア科学専攻 教授(組織改変・大学院化のため)
2012年 筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 教授(組織改変のため)

 

 

1986年5月 医籍登録(第296940号)
1999年3月 介護支援専門員資格取得(神奈川県第98D3115号)
1999年8月 米国老人施設管理医認定単位取得(American Medical Directors' Association)

 

学会活動等

1987年~現在 日本公衆衛生学会会員 (2001年10月第60回公衆衛生学会奨励賞受賞) (2002年より評議員・査読委員、2012年より編集委員長 2014年より理事)
1991年~現在 日本疫学会(2015.12~代議員) 
1992年~現在 日本行動医学会
1996年~現在 International Society for Quality in Health Care 会員
1999年~現在 日本産業衛生学会
2004年~現在 日本プライマリ・ケア連合学会 
     ~現在 日本医療・病院管理学会
     ~現在 日本国際保健医療学会(2012年より代議員)
     ~現在 日本老年医学会
     ~現在 日本法医学会
     ~現在 日本在宅医療学会
2013年~現在 日本高齢者ケアリング学研究会
2013年~現在 Gerontologigal Society of America
2014年~現在 日本社会福祉学会
2017年~現在 日本医療経済学会

ページ先頭へ戻る

 

客員教授 阿部 智一

所属 順天堂大学医学部付属浦安病院救急診療科  先任准教授
資格・仕事 救急科専門医、集中治療専門医、プライマリケア指導医、MPH、PhD・救命救急医
専門分野

救急・集中治療 臨床研究

最近の研究テーマ

救急医療とHSR、集中治療とHSR

抱負など

重症患者に国際標準的な診療を届けることができる研究を行います

客員教授 Sandra Ivonne Moody

所属 亀田総合病院

客員教授 甲斐 一郎

所属 東京大学 名誉教授

客員教授 本澤 巳代子

所属 客員教授(医学)
名誉教授(人社)

客員教授 石崎 達郎

所属 東京都健康長寿医療センター

客員教授 本間 季里

所属 医学医療系
株式会社日立製作所 SSB統括本部 人事総務本部 大森・新川崎健康管理センタ 産業医
資格・仕事 医師、産業医、ギャラップ社認定ストレングスコーチ資格申請中、アサーティブジャパントレーナー養成講座修了
専門分野 メンタルヘルス、免疫学、アレルギー学
抱負など これまで、小児科診療、基礎医学研究、新しい大学院教育の立ち上げなどを行ってきましたが、常に感じていたことは「人こそが財産」ということでした。
そこで働く人一人ひとりが、主体性を持って仕事ならびにプライベートの生活が送れれば、結果として、組織やプロジェクトの生産性が上がると考えています。
そのためにコミュニケーションスキル、自分の強みを知り活かす、という切り口から考えていきたいと思います。

客員准教授 四津 有人

所属 茨城県立医療大学

助教 伊藤 智子

所属 疾患制御医学専攻脳神経機能制御医学分野
資格・仕事 看護師/保健師、博士(ヒューマン・ケア科学)
専門分野 介護保険制度、地域医療
抱負など 田宮先生に師事させていただくのも学部4年から数えて7年目になりますが、先生方の親身なご指導でなんとか続けられています。
私は高齢者がケアの利用に対し公平に豊富な選択肢を持つことが望ましく、またそれを他者が支持できるような効率的な制度設計が重要と考えています。
一人前の研究者までの道のりはまだまだ長いですが、社会に寄与できる研究者となれるよう、地道に勉強を続けていきたいと思っています。

助教 渡邊 多永子

所属 筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野(非常勤研究員)
資格・仕事 MD、MPH
専門分野 家族介護
研究テーマ 家族介護者の現状把握(就労状況・世帯収入および貯蓄・健康状況)
抱負など 介護者・被介護者のよりよい生活に繋がる研究を行いたいと考えております。

常勤研究員&非常勤講師 Jeon Boyoung

所属 筑波大学医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事  博士(保健学 保健政策管理学専攻)
専門分野 障害者や高齢者の医療・介護サービス利用、医療・介護サービスの連携、医療や介護政策評価
研究テーマ 高齢者の医療・介護サービス連携、介護施設の類型別の比較
抱負など
高齢者の医療・介護サービス連携の現状と日本の地域包括ケアシステムについて勉強、研究したいです。 高齢者の事例を通じて、医療・介護・福祉サービスのニーズがある障害者にも意味があるエビデンスを作りたいです。

常勤研究員&非常勤講師 Felipe Sandoval

所属

Faculty of Political Science and Economics

資格・仕事

MPH, PHD

専門分野

Political Science and Economics on Aging

抱負など

I would like to divide my dreams into near, long and far away future dreams. My near future dreams include: to continue working as a researcher somewhere in the world. Also, I would like to teach some day in the near future to younger generations. About my long-term dreams, I dream of running my own long-term care facility and that my work would help the people of Chile to have a better future based on best-practices and evidence, especially senior citizens, usually neglected by policy-makers and researchers.   My far future dreams include:as John Lennon said, a world with no countries, no religions, no hell and no heavens, with no reasons to kill, where all the people could live life in peace. 

非常勤講師 橋本 英樹

所属 東京大学大学院医学系研究科:公共健康医学専攻・疫学保健学講座・保健社会行動学分野 教授

非常勤講師 東 尚弘

所属 国立がん研究センターがん対策情報センターがん臨床情報部 部長

非常勤講師 上田 佳代

所属 京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻環境衛生学講座 准教授

非常勤講師&非常勤研究員 森 隆浩

所属 地方独立行政法人東金九十九里地域医療センター 東千葉メディカルセンター総合診療科

非常勤講師 大河内 二郎

所属 老人保健施竜間之郷 施設長

非常勤講師 高橋 秀人

所属 国立保健医療科学院 統括研究官

非常勤講師 樋之津 史郎

所属 岡山大学病院 新医療研究開発センター 教授

非常勤講師 柏木 聖代

所属 横浜市立大学医学部看護学科 教授

非常勤講師 宮石 智

所属 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 教授

非常勤講師 高椋 清

所属 医療法人健清会 老人保健施設創清園 理事長・施設長

非常勤講師&非常勤研究員 黒田 直明

所属 コミュニティクリニックつくば

非常勤研究員 佐藤 幹也

所属 住友重機械工業株式会社 人事本部安全衛生グループ 健康管理センター

非常勤研究員&客員研究員 濱田 将太

所属 医療経済研究機構

非常勤研究員 中野 寛也

所属 大森医院

非常勤研究員 裴 麗螢

所属 東京大学大学院医学系研究科

受託研究員 安藤 裕一

所属 株式会社GMSSヒューマンラボ

受託研究員 森田 亜由美

所属 会田病院

博士課程 ヒューマン・ケア科学専攻 植嶋 大晃

所属

筑波大学大学院 人間総合科学研究科

資格・仕事

理学療法士

専門分野

リハビリテーション

研究テーマ

家族の介護負担

抱負など

要介護高齢者とその家族が幸せな生活を送ることができるよう、研究と現場の両面から手助けできればと考えています。

博士課程 ヒューマン・ケア科学専攻 金 雪瑩

所属

筑波大学大学院 人間総合科学研究科

資格・仕事 学士(経済学)、修士(MBA)
専門分野 Quality of care, falls in long-term care facility
研究テーマ 特に介護の質の評価に興味があり、この分野の知識を深めたいです。
抱負など 修士までは経済・経営を勉強しており、今後は、介護の質の評価における、マーケティング面と医学面での研究を臨みたいと思います。

博士課程 疾患制御医学専攻 内田 雅俊

所属

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻

資格・仕事

医師

専門分野

救急、集中治療

研究テーマ

救急、重症患者

抱負など

 救急医療、集中治療は、個々の医師が行う治療はもちろんのこと、
地域の救急医療体制、病院内の重症患者診療システムといった医療システムが患者予後に大きく関与しているといわれています。
ヘルスサービスリサーチの視点から重症患者診療を検討することで、患者予後を改善する方法を探していきたいと思っています。

博士課程 疾患制御医学専攻 永田 功

所属 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻、横浜市立みなと赤十字病院集中治療部
資格・仕事 MD  MPH 臨床医
専門分野 臨床医としては集中治療・救急・麻酔
研究テーマ 重症患者のサービスと長期予後
抱負など 救急・集中治療におけるヘルスサービスリサーチ研究を行いたいと思っています。

博士後期課程 泉田 信行

所属 筑波大学大学院 人間総合科学研究科、国立社会保障・人口問題研究所
National Institute of Population and Social Security Research

博士課程 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生) 川邊 万希子

所属 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻(公衆衛生学)、株式会社三菱総合研究所ヘルスケア・ウェルネス事業本部ヘルスケア・データ戦略グループ 主任研究員
資格・仕事  学士(経済学)、修士(医科学)
専門分野  介護保険、高齢者福祉施策全般
研究テーマ  介護の質の評価、介護予防など
抱負など  民間のシンクタンクで厚生労働行政の政策立案支援(介護の質の評価、介護予防など)に携わっており、本領域を深める研究をしたいと思っています。

博士課程 疾患制御医学専攻 賀古 毅

所属 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
資格・仕事  医師
専門分野  内科一般・プライマリケア
研究テーマ  医療介護分野におけるエビデンス構築など
抱負など 人類が幸せに生きることができる研究・勉強がしたいです。

疾患制御医学専攻 博士課程 羽成 恭子

所属 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
資格・仕事  MD、産婦人科専門医
専門分野  臨床医としては緩和ケア、産婦人科
研究テーマ  人生の最終段階における医療の質向上、ACP
抱負など 臨床医として、様々な方々の人生の最終段階のサポートに携わる機会があり、もっと一人一人が「よかったな」と思える時間を過ごしてほしいという気 持ちが強まりました。より患者さんや家族の満足感が高まる連続的な医療を提供するための研究を行い、社会に還元できたらと思っています。


修士課程 マリア・リセス・モラレス・アリアガ(ペルー) Maria Lisseth Morales Aliaga (Peru)

所属

Health Service Research

資格・仕事

Psychologist

専門分野/ 研究テーマ 

Quality in hospitals/Patients' satisfaction, work environment

抱負など

Become a public health manager improving the health policies in Peru to provide High Quality of Health care services.

 修士課程 ガラガ・ジョシュア (イギリス) Joshua Gallagher (U.K.)

所属

筑波大学 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻
University of Tsukuba, Department of Health Service Research

資格・仕事

学士(哲学)
BA Philosophy 

専門分野/ 研究テーマ 

緩和ケア、終末期医療、認知症ケア、公衆衛生学倫理、個人的自律、グローバルエイジング 
Palliative and end-of-life care, dementia care, public health ethics, personal autonomy, global-ageing.

抱負など

将来の目標は、日本と東アジアの終末期医療を向上させ、研究における日本と英国とのつながりを強め、最後には秋田市の竿燈祭りのマスターになりたいと思います。
My future goals are to improve end-of-life care in Japan and East Asia, to build research ties between Japan and the UK, and finally to become a master performer in the 'Kanto festival' held every year in Akita City!

修士課程 嶋藤 菜摘

所属

筑波大学 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻

資格・仕事

学士(看護学)、看護師

専門分野/ 研究テーマ 

介護予防/ 介護予防サービスの利用実態と関連要因およびその効果

抱負など

高齢者が必要とするサービスを使うことで、それぞれの望む場所でよりよく暮らせることを支援していきたいと考えています。

修士課程  アーメィ・カルカーニ (インド) Amey Kulkarni (India)

所属

Graduate student, Tsukuba University

資格・仕事

B.S. Health and human physiology, The University of  Iowa, USA

専門分野/ 研究テーマ 

Aging populations, family caregiving of the older adults in Japan
/Continuation of in-home caregiving and caring older individuals with cognitive impairment using Tsukuba city’s data of 2014.

抱負など

To pursue further research on the various factors affecting the caregiving aspect of older adults in Japan


修士課程 御子柴 正光
      小澤 咲子 (デュアルディグリープログラム)

医学類 6年 谷口 雄大
医学類 6年 藤中 彩乃
医学類 3年 塚崎 栄里子 

田宮教授秘書

村田 由紀子
石津 裕子
森田 千代

客員研究員

小林 洋子 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 助教
Pedro Olivares-Tirado Research & Development Department. Superintendence of Health. Chile 研究員
杉山 雄大 国立国際医療研究センター病院 上級研究員
山岡 祐衣 University of Oklahoma Health Sciences Center, 
Department of Pediatrics, Center on Child Abuse and Neglect,
Interdisciplinary Training Program fellow 
松田 智行 茨城県立医療大学保健医療学部理学療法学科 准教授
宮入 まや ユタ州立大学 助教
宮下 裕美子 International Health Policy Program, Thailand Researcher
森山 葉子 国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 主任研究官
涌井 智子 東京都健康長寿医療センター 研究員
浜田 将太 医療経済研究機構 研究員
佐方 信夫 医療経済研究機構 研究部 研究員
鈴木 敦子 南大和老人保健施設 施設長
松村 漠史 厚生労働省大臣官房厚生科学課  主査
井上 恵 Assistant Professor in the Department of Social Work at George Mason University
松澤 明美 茨城キリスト教大学看護学部看護学科 准教授
宮田 澄子 介護老人保健施設ごぎょうの里 施設長
Timothy Bolt 埼玉大学 人文社会学研究科 准教授
柏木 志保 山梨大学 特任助教

アルバイト

小沼 里奈 筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類
佐々木 健祐 筑波大学 理工学群 社会工学類
ハン ウェイ 筑波大学 人文社会科学研究科


卒業生

浜野 亜美  H19年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
奥野 光香子 H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
林原 好美 H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
松澤 明美 H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
加藤 剛平 H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
久保谷 美代子 H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
相崎 扶友美 H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Pedro Olivares-Tirado H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
大山 裕美子 H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
小林 美貴 H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
谷口 起代 H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
伊藤 智子 H25年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
堤 春菜 H25年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
松田 智行 H25年12月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
小林 洋子 H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
山岡 祐衣 H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
H28年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
Felipe Sandoval H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Josephine Laker H28年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
宮田 澄子 H29年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
ページ先頭へ戻る
 

ページ先頭へ戻る