田宮研究室の紹介

研究室では、医療における各種サービス(看護・保健・福祉を含む)の質を、ヘルスサービスリサーチ手法を用いて、包括的・科学的に評価・分析し、実証データに基づく学際的研究成果を通じて、サービスの質向上を図り、生活と調和した医療実現の一助となることを目指しています

現在の研究テーマ

  • ヘルスサービスリサーチ(特に高齢者、障害者、小児、救急医療)
  • 地域における医療と福祉の連携
  • 介護保険制度の政策評価
  • 高齢者および障害者の在宅・施設ケアの質の向上のための研究
  • 法医公衆衛生学(高齢者・小児虐待・孤独死・サービス関連死の実態など)

What’s New

過去の記事はこちら

2017/02/08

厚生労働科学研究費補助金
「健康医療分野のデータベースを用いた戦略研究」合同フォーラムを平成29年2月8日に無事終了致しました。
 ご参加ありがとうございます。

政府の日本経済再生本部に設置された未来投資会議等でも議論されている、医療・介護分野におけるICT の活用を念頭に置いた、健康医療分野における大規模データの分析及び基盤整備を目的とした研究の研究成果報告と研究やデータ活用の在り方について広く講演・議論致しました。
当研究室より田宮菜奈子教授が参加しました。
当日のプログラム 
シンポジウムご案内
http://nambu7.wixsite.com/godoforum
田宮教授のプロフィール, 講演資料
http://nambu7.wixsite.com/godoforum/blank-11

 



2017/01/27

ヘルスサービスリサーチ研究会 開催のお知らせ!

日付 :2017年2月24日(金)

時間 :18:30~20:00

場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎558室 

①18:30~19:15
タイトル "Long-Term Care Spending and the Use of Rehabilitation Care Services in Japan from the Long Term Care Insurance Claim Data"
演者:Felipe Sandoval (早稲田大学政治経済学術院&筑波大学HSR 分野)
②19:15~20:00
タイトル「在宅介護におけるフォーマルケアとインフォーマルケアのケア時間比較」
演者:佐藤幹也 (社会医療法人 河北総合病院)

詳細はこちら

参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記の連絡先まで申込ください。
受付担当:秘書(飛田八千代):tobita.yachiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp
研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。

2016/12/17
在宅・施設ケア実践の為のヘルスサービスリサーチ入門を開催いたします。
好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました

日時:2016年1月7日(土)、1月8日(日)
場所:筑波大学 大塚キャンパス120講義室 

本講義では、在宅ケア(医療・看護・福祉等を含む)や施設ケアの実践者を対象に、ケアを実施する上での課題解決を目指し、更に自らのサービスの質を科学的に評価・分析する手法の初歩を習得することを目的にしています。
講義の詳細はこちらからご確認いただけます。
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記の連絡先まで申込ください。部分的に参加も可能です。その場合、参加予定日、及び参加予定科目も併せてお知らせください。
参加申込期限 1月4日午前9時
参加費:無料
tobita.yachiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 筑波大学 秘書:飛田八千代
ご興味のある方!是非この機会にご参加ください。
2016/12/01

ヘルスサービスリサーチ研究会開催のお知らせ!
好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

日付 :2016年12月16日(金)

時間 :18:30~20:00

場所 :筑波大学東京キャンパス 文京校舎117室 

①18:30~19:00
タイトル「脳血管障害療育者における家族介護者の機会費用」
演者:伊藤智子(筑波大学)
②19:00~19:30
タイトル「施設入所高齢者の病院への入院・死亡と関連要因」
演者:泉田信行(国立社会保障・人口問題研究所)
③19:30~20:00 
タイトル「介護レセプトデータにおける在宅期間指標化についてー観察期間による打ち切りに関する資料」
演者:高橋秀人(福島県立医科大学)
詳細はこちら
 ★今年最後のHSR研究会のため忘年会を企画しております。会場の予約の関係もあり忘年会参加希望の方はお早めにお申し込み頂けます様どうか宜しくお願いいたします。

 申込受付:2016年12月9日(金)

受付担当:秘書(飛田八千代):tobita.yachiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp

 

2016/11/17

阿部智一先生 アメリカ心臓協会よりBest of the Best Oral Abstract Awardsを受賞!

当研究室の客員教授 阿部智一先生の研究がAmerican Heart Association (アメリカ心臓協会)よりBest of the Best Oral Abstract Presentations and Presentation of the Best Abstract Awards for Cardiac and Trauma Resuscitation Science に選ばれました。また、本内容の論文がCritical Careに受理されました。


タイトル「Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta versus Aortic Cross Clamping Among Patients With Critical Trauma: A Nationwide Cohort Study in Japan」

http://www.ahasessionsdailynews.org/reboa-shows-survival-advantage-over-acc-in-trauma-patients/

阿部智一先生は、筑波メディカルセンター病院救急診療科にて勤務されながら筑波大学 医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野にて臨床研究の指導及び研究をされています。